Skip to global navigation Skip to local navigation Skip to contents


ホームの中の県民のみなさまへの中の愛知県広域予防接種事業

愛知県広域予防接種事業

 愛知県では平成26年4月1日よりA類疾病定期予防接種の広域化が始まり、平成28年4月1日よりB類疾病定期予防接種が追加され、全ての定期予防接種が市外のかかりつけ医療機関での接種が可能となりました。

 広域化の実現に際しては、愛知県、各市町村の担当の皆様、小児科医会並びに地区医師会の先生方の一方ならぬご尽力をいただきました。あらためて、深く感謝いたします。

 今後とも安全・安心な予防接種をすすめていきたいと思いますので、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

                              平成28年4月1日

                             会長挨拶


【目 次】

愛知県広域予防接種事業とは

愛知県広域予防接種の対象者

対象予防接種

接種までの流れ

接種協力医療機関・協力医師名簿

接種協力医療機関用ページ運営要領医師の登録・変更、辞退届け請求方法委託接種料金、ワクチンコード・年齢コード等)

各市町村問い合わせ先一覧(PDF)

愛知県広域予防接種事業ポスター(PDF)

愛知県広域予防接種事業とは

 

 接種を希望する方が住民登録している市町村以外にある医療機関でも定期予防接種を受けることができるようになる制度です。

 接種される方の体調、薬の服用歴、アレルギー等身体状況を日ごろから把握されているかかりつけの先生による予防接種を推進し、また、安心、安全な接種が受けられる体制をつくることで、予防接種を受けやすくするために行われるものです。

                                目次へ戻る

愛知県広域予防接種の対象者

1.住民登録している市町村以外の市町村にかかりつけ医がいる者

2.長期に入院治療を要し、住民登録している市町村で予防接種を受けることが困難な者

3.里帰り出産、家庭内暴力等のため、住民登録している市町村以外での予防接種を希望する者

4.高齢者施設等に入所のため、住民登録している市町村以外での予防接種を希望する者。

5. その他市町村長が対象者と認めた者

                                                                目次へ戻る

対象予防接種

予防接種法第2条第2項及び3項に規定するA類疾病B類疾病の予防に有効である予防接種とする。

 A類疾病

 ① ジフテリア

 ② 百日せき

 ③ 急性灰白髄炎

 ④ 麻しん

 ⑤ 風しん

 ⑥ 日本脳炎

 ⑦ 破傷風

 ⑧ 結核

 ⑨ Hib感染症

 ⑩ 肺炎球菌感染症(小児がかかるものに限る。)

 ⑪ ヒトパピローマウイルス感染症

 ⑫ 水痘

 ⑬ B型肝炎(平成28年10月より開始)

 ※名古屋市においては、結核は本事業の対象となっておりません

 B類疾病

 ①高齢者インフルエンザ

 ②高齢者用肺炎球菌

                                目次へ戻る

接種までの流れ

1.接種を希望される方の普段かかっている医療機関が住民登録している市町村以外にあり、かかりつけの先生による定期の予防接種を希望する場合や住民登録している市町村以外の高齢者施設等に入所されている方は、まずは先生にご相談ください。

2.ご相談の結果、かかりつけの医療機関での接種が可能となりましたら、住民登録している市町村の担当窓口へ申し出て、ご相談ください。

3.市町村の説明を受けましたら、接種に必要な書類をお持ちになり、かかりつけの医療機関にて接種してください。

                                目次へ戻る