糖尿病の基礎知識

糖尿病対策の第一歩は、
正しい知識を持つことから始めましょう。

以下の症状を感じたら、糖尿病を疑い検査を受けてみましょう。

  • のどがよく乾くようになった
  • おしっこによく行くようになった
  • 体が疲れやすく疲れがなかなか取れない
  • 足がよくつるようになった
  • 食事をした後なのにすぐにおなかがへる
  • ちゃんと食べているのに体重が減っている
  • おしっこのにおいが気になる
  • 家族に糖尿病の人がいる

糖尿病1型・2型の違い

糖尿病は1型と2型に分類されます。

1型糖尿病

膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病です。
子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。

2型糖尿病

インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、
ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプです。

本当にコワイのは合併症

糖尿病の三大合併症+三つの合併症

三大合併症

【1】 糖尿病網膜症  【2】 糖尿病腎症  【3】 糖尿病神経障害

さらに三つの合併症

【4】 動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症)  【5】 足病変  【6】 歯周病

慢性的に高血糖が続くと、糖尿病の三大合併症といわれる網膜症、腎症、神経障害が起きてきます。これらは、顕微鏡でしか見ることのできないほど細い血管が悪くなって起きてくるもので、糖尿病細小血管障害とも呼ばれています。
一方、肉眼で見ることができる程度の太さの血管が悪くなるものは糖尿病大血管障害と呼ばれ、心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症として現れてきます。これらの病気の予防・治療には、糖尿病だけではなく、血圧・血清脂質・体重の管理、禁煙も非常に重要です。
糖尿病足病変による足の切断は、1年に3,000人にのぼり、外傷に次ぐ多さです。
糖尿病の人は歯周病の罹患率が高く、また、歯周病になると血糖コントロールが悪化します。糖尿病と歯周病は相互に影響を及ぼす関係にあります。歯周病については、愛知県歯科医師会ホームページをご参照ください。
糖尿病治療の最終目標は、これらの合併症に苦しむことなく、糖尿病でない人と変わらない健康な生活を過ごし、寿命を全うすることにあります。血糖コントロールは当然のこと、合併症にならないための健康への配慮が大切です。

健康診断などで、ヘモグロビンA1c (HbA1c)、空腹時血糖値、尿糖などの異常を指摘された場合は、すみやかにかかりつけ医を受診し、詳しい検査を受けてください。

糖尿病患者の糖質制限について

2013年3月に日本糖尿病学会は、パブリックコメント
「日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言 ~糖尿病における食事療法の現状と課題~」
を発表しました。

その中で、

肥満をなおすことは、糖尿病を予防したり、治療するうえで非常に大切です。体重をうまく目標値に近づけるためには、運動療法とともに積極的な食事療法が必要です。
もっとも重要なのはエネルギー摂取量の制限です。エネルギー摂取量を制限せずに炭水化物のみを極端に制限して減量しようとすることは、効果がでないばかりか、長い期間の安全性が保証されていず、現時点では薦められません。
三大栄養素のエネルギー摂取比率は、炭水化物50~60%、たんぱく質20%以下を目安とし、残りを脂質とします。

と述べられています。
糖質制限を行おうと思われている方は、まず、主治医にご相談されることをおすすめいたします。

※青文字をクリックしますと、それぞれの団体ホームページが開きます。